レンタルサーバーとは?レンタルサーバーの種類と基本機能!!

独自ドメインブログやネットショップ運営に必要になるのがレンタルサーバーです。この記事では、レンタルサーバーとは何か?レンタルサーバーの種類と基本機能について説明します。

 

 

レンタルサーバーとは?

独自ドメインブログやネットショップを運営するためには、サーバー機器ネットワーク機器インターネット回線セキュリティ電源設備空調設備OSソフトウェアが必要です。これらを自前で揃える場合、

数百万円~数千万円という莫大な費用がかかり、専門知識も必要になります。レンタルサーバーを利用することで、これらの設備を月々数百円~数千円で利用することが可能になります。

 

自前で設備を揃えると

 

 

レンタルサーバーを利用すると

 

 

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは、以下の4つの種類に分類されます。

 

共有サーバー

共有サーバーは、1台のサーバーを複数の契約者が共有して使用するサービスです。サーバーの設定や運用は、レンタルサーバー会社が行います。複数の契約者が1台のサーバを共有して使用しているため、サーバー

使用料は安価ですが、契約者毎にサーバー設定を変更することができないため自由度は低いです。

アフィリエイトで、レンタルサーバーと呼ばれているのは共有サーバーを指しています。

 

図2 共有サーバーシステムイメージ

 

専用サーバー

専用サーバーは、1台のサーバーを特定の契約者が占有して使用するサービスです。サーバーの運用及び設定は、契約者にて行う必要があり、サーバー構築及びサーバー運営に関する専門スキルが必要になります。1台のサーバーを特定の契約者が占有して使用するため、サーバー使用料は高額になります。サーバーの管理及び設定は契約者が行うためサーバーの自由度は非常に高いです。

 

図3 専用サーバーシステムイメージ

 

VPS(仮想専用サーバー)

VPS(Virtual Private Server:仮想専用サーバー)は、Hyper-V(Microsoft)や VMware(VMware)などの1台の物理サーバー上に、仮想的なサーバーを何台も稼働させる技術によって作られた仮想的なサーバーです。1台のサーバーを共有して使用するというのは変わりありませんが、契約者毎に領域を区切り、あたかも1台のサーバーのように提供されているため自由度は占有サーバーとほぼ同じです。共有サーバに比べスペックが高くサーバにサーバーの運用および設定は契約者自身で行う必要があります。

 

図4 専用サーバーシステムイメージ

 

クラウドサーバー

クラウドサーバーは、4つの種類の中で最も新しい技術です。VPSのように複数の契約者で共有して使用する

ことには変わらないのですが、ハードウェアやソフトウェアの保守管理が不要で、必要に応じて機能を追加したり、減らしたり柔軟に行えるのが特徴です。

 

図5 専用サーバーシステムイメージ

 

当サイトでは、共有サーバーをレンタルサーバーとして取り扱います。

 

レンタルサーバーの基本機能

レンタルサーバーの基本機能を以下に示します。

 

サーバー機能

ディスクスペース

メール、Webコンテンツ、その他ファイルを格納する領域を提供します。

 

マルチドメイン

メール、Webコンテンツ、その他ファイルを格納する領域を提供します。

 

サブドメイン

ドメインの下の区分けに入る名前で、「nemo01.com」というドメイインに対し、「aaa.nemo01.com」や「bbb.nemo01.com」がサブドメインになります。

 

SSL(Secure Socket Lair)

マルチドメインやサブドメインを用いて、サーバーとユーザー間の暗号化通信を行うことができます。

 

データベース

MySQLなどのデータベースを使用することができます。

 

SSH(Secure SHell)

UNIXコマンドを用いて、サーバーの遠隔操作を行えます。

 

Webサーバー機能

独自ドメインホームページ

HTML言語で記述された、独自ドメインホームページの運用が行えます。

 

独自ドメインブログ

WordPressを使用して独自ドメインブログの運用が行えます。

 

サーバープログラム

オリジナルCGI

Perl、Ruby、Python、PHPなどで記載された自作のCGIスクリプトをご利用することができます。

 

PHP

Webアプリケーションを開発プラットフォームであるPHPを使用することができます。

 

cron

指定時間に指定コマンド(プログラム)を自動的に実行する機能です。

 

SSI(Server Side Includes )

特定のプログラムを使うことなく動的なWebページが作成できるSSIを使用することができます。

 

メール機能

独自ドメインメールアドレス

あなたが取得した独自ドメインのメールアドレスが使用できます。

 

Webメール

ブラウザからWebメールの送受信が行えます。

 

メーリングリスト

複数の相手に同じ内容のメールを送信することができるメーリングリストを利用することができます。

 

IMAP

メールをサーバーに残したまま閲覧することができます。

 

メールセキュリティ

アンチウイルス、スパムフィルター、メール通信の暗号化が行えます。

 

FTP機能

FTP

サーバーへファイルのアップロードおよび、サーバーから、ファイルのダウンロードが行えます。

 

FTP over SSL

通信を暗号化し、安全にファイルのアップロード、ダウンロードが行えます。

 

ファイルマネージャ

Webブラウザを使用してサーバー上のファイル操作が行えます。

 

プログラム

WordPress(CMS)

WordPressを使用して独自ドメインブログの運用が行えます。

 

EC-CUBE(ショッピングカート)

EC-CUBEにてショッピングカートを作成できます。

 

まとめ

 

レンタルサーバーとは何か?、レンタルサーバーの種類、レンタルサーバーの基本機能について説明いたします。アフィリエイトを行う為には。レンタルサーバーは必須です。「無料ブログで始めよう」などという甘い考えは捨てて、月々数百円~1000円ちょっとです。最低限の投資だと思って、レンタルサーバーを準備して下さい。

 

この記事が役にたったと思う方は以下のランキングボタンをクリックしていただけると嬉しいです。^^

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一推し教材

 

管理人プロフィール

管理人:社会不適合者ヒロキ

はじめまして、社会不適合者ヒロキです。よろしくお願いいたします。本業は、ITエンジニアで、「複業」でアフィリエイトをやっています。これから、副業をはじめようと考えているサラリーマンの方へアフィリエイトに関する有益な情報を発信していきます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ